布幅のこと。

こんにちは、コナ です。



梅雨に入ってからは

気候が日替わりで変化するので

何を着たらよいのやら・・・



毛皮が伸びてきているせいか

結構むさって すぐに ケモノ臭く なるんです・・・



それを防ぐためのブラッシングついでに

着せ替え人形のごとく

毎日 とっかえひっかえ違う服を着せられております・・・




それにしても 梅雨入り宣言があってからの方が

あんまり降ってませんね。



でも 降ってなくても湿気は多いので、

カビやダニの発生には 十分気をつけたいです




                                             



さて


最近よく、

「クロッサムで扱っている布地は、何幅ですか?」

というお問い合わせをいただきます。



クロッサムにも たくさんの布地がありますし、

同じ様な幅でも いろいろな呼び方があるようなので

一概に「何幅です」とお答えしづらいのですが・・・






布地なので、

布地の種類や反物によって 多少の長い短いはありますが

だいたい こんな分かれ方をしているようです。









他にも、並幅を一幅と呼んだり、

四幅を広幅や普通幅と呼ぶなど、

上記以外にもいろいろな呼び方があり、

この限りではないようです。




コットンツイルオックスといった

クロッサムにもあるスタンダードな綿布は 108〜112cm幅が多いので

四幅ということになりますね。




『型紙 かんたんゆかた(P.91)『型紙 キャミソールトップ等(P.94〜)といった

型紙を使って作るものの場合、型紙以外に別途布地や部材が必要です。



カタログの各商品説明にある 『適した布地と用布量』の表を見て

必要な布地の量を判断します。



クロッサム扱いの布地(108〜112cm幅のもの)を使って作る場合、

自分のサイズの行と “107幅”の列を見て、長さを判断してくださいね〜




What's New!!

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

categories

archives

search this site

links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM